記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

BeagleBoneBlackをWindouwsでリモート操作してみる

Windowsの入ったパソコンからBeagleBoneBlackをリモート操作してみた。参考にさせていただいたサイト multipleろぼっとBeagleBoneBlackとコンピュータをUSBケーブルでつないである。コンピュータのデスクトップ画面これでコンピュータのデスクトップ画面からBeagleBoneBlackを操作できるようになりました。BeagleBoneBlack操作用にマウスとキーボード買ったんだが、すぐお役御免になっちゃった。一応、PCでLinuxCNC動かせるよう...

続きを読む

BeagleBoneBlackでLinuxCNCを動かしてみた

BeagleBoneBlackでLinuxCNCを動かしてみました。BeagleBoneBlackのSDカードに書き込まれてるOSはDebian(machinekit)が入ってます。LinuxCNCはそのOS上で動いています。BeagleBoneBlack+USBハブ+ワイヤレスマウス&キーボード+5VDC電源+maicroHDMIケーブル※BeagleBoneBlackのUSBポート増やす場合、USBハブに電源を供給してやらないと正常に動作しないようです。やけに暗いな。(もっと明るい部屋でやってます。)TVにHDMIケーブル...

続きを読む

剣菱マイコンの製作、途中報告!

そういえば、剣菱マイコンの製作の報告をしてなかったんで、今さらですが、現状報告を!CNCフライスの製作の合間を縫ってやってます。まだ全部の配線はつなぎ終わってないんですが、とりあえず4bit分はできました。この裏面のラッピングワイヤのはんだ付けが結構大変。ピンセットでワイヤを折り曲げながらやってます。8bit分完成...

続きを読む

LinuxCNCを導入してみる

だいぶGrbl_controllerの使い方が分かってきたところで、次にLinuxCNCを導入してみる。以下、備忘録LinuxCNCをWindowsのパソコンで動かすまでの手順1, 必要な環境、ファイルを用意① VirtualBoxのインストール WindowsのパソコンでLinuxを動かすためにVirtualBoxをインストール。インストール方法はこちらを参考にさせてもらいました。こんな感じ      この画像ではすでに仮想領域が2つ作成してあります② LinuxCNCの入っ...

続きを読む

Ka-monoに行ってきました。

新潟県に作業工房ができたと聞いて、今日、新潟県加茂市にある“ka-mono”に行ってきました。こちらの工房には3Dプリンターにレーザー加工機、塗装ブースなどがあり、ものづくり愛好家を援助してくれる機材にあふれてます。3Dプリンターレーザー加工機サンドブラストCNC塗装ブースこちらの塗装ブースは自作だそうで、上のほうに換気扉も設置してあります。スゴイ!他にも溶接機やボール盤など、多くの機材があり、ワクテカが...

続きを読む

Grbl Controller3.6.1のセッティング画面について

どうやらGrbl Controller 3.6.1のセッティング画面は、Valueと$数値が一部だけ一致してないみたいだ。例えば、セッティング画面のhard limits,boolの“1”を“0”にしてみる。(”hard limits,bool”は1でリミット有効、0でリミット無効にするとこ)Grbl controller v0.9 の各コマンド説明を見ると正常に動作すれば、コマンド実行画面に“$21=0”となるはずだが。“$12=0”と表示されている。ソフトとファームウェアがあってないのかな?一...

続きを読む

ATX電源でブラシレスモータを回してみた

ATX電源でブラシレスモータを回してみました。ATX電源 : 玄人志向 ATX電源 600W KRPW-L4-600W/A  約5000円ブラシレスモータ : BL132/FSD FC3530-10T 1380KV /18A15A  約3000円ESC :  AP059/HOBBYWING FLYFUN 30A ブラシレスESC /24A4A 約2000円Arduino uno:PWM信号送信用として。ATX電源の各端子の詳細はこちら今回モータには30Aほどのものを使うので余裕を見て最大45Aのものを選定しました。配線は、12V,45A...

続きを読む

A4988が壊れた理由?

壊れた理由を考えてみる。A4988のデータシートを読むと、A4988は(A4988だけじゃないと思うけど)、”電圧に関係なく電流を制御できる”ようである。でも、高電圧で高電流を流したら、許容電力損失を大きく超えるんじゃないの?(´・ω・`)A4988データシート(サンケン電気さん類似品)今回、壊れた理由は「許容損失が3.9WのICに24Vで1.6A流させようとしたため、損失が38Wに達してしまい、オーバーキルしてしまった」ためである。こ...

続きを読む

A4988、死す。

A4988が2つお亡くなりになりました。なんですぐ死んでしまうん。(´・ω・‵) 配線ミス?・・・・・・ではなかった。電圧のかけすぎ?・VMOT:24V ・使用モータは42BYGHM809・1/4μステップに設定配線はこんな感じ。半固定抵抗とGND間の電圧が0.64V、1.6Aになるようにセット。(これがいけなかったんかなあ?)なんでじゃあああああ!ラーメン2杯分がっ!参考サイトhttp://www.smartdiys.com/blog/arduino-uno-a4988/...

続きを読む

A3967でステッピングモータを動かしてみた

EasyDriver(A3967)を使ってみた。ちなみに動画初投稿!ステッピングモータはST-42BYG020を使ってます。なんかモータが回るだけで感動する。やはり、A3967では、電流不足っぽい。参考サイト各端子詳細、機能などが分かりやすく説明してくれています。電子工作専科EasyDriverの回路図などが載ってます。http://www.schmalzhaus.com/EasyDriver/...

続きを読む

プロフィール

あきら

Author:あきら
ニコニコ技術者見習い。

機械設計を主な仕事としてます。

当ブログはそんな私が独学で電子工作を行い、その成長を記録したものです。


-----------------------------

追伸

ネットができる前とできた後の違い。

それは、知ろうと思えば自分でどこまでも勉強できるようになったということ。

「学校に行かないとできない」「ある会社に入らないとできない」、

そんなことはない。今自分がどこに属しているかは関係ない。

“知ろうと思えば何でも学べる”

今そういう時代に生きている。

このツールの使い方で会社の命運が変わるかもしれない。

あなたはこのツールをどう使いますか?



-----------------------------


twitter
https://twitter.com/akira4900

メルアド
akira49000@gmail.com

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。