記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RaspberryPiに16x32ドットマトリクスLEDを接続してみた


RaspberryPiに16x32_RGBフルカラードットマトリクスLEDパネルを接続してみました。 

RaspberryPiに16x32LEDマトリクスを接続してみた
点灯の様子


AdafruitというサイトがわかりやすくRaspberryPiとドットマトリクスLEDの接続方法を載せてくれています。


今回、このサイトを見ながらドットマトリクスLEDの点灯をしてみました。



以下、実験の流れを示します。



【使用したもの】

RGBフルカラードットマトリクスLEDパネル 16x32ドット
・直流安定化電源(DC5V,2Aを出力できるもの)
・オス-メス_ジャンパー




【配線】

各配線はadafruitのサイトを参照

RaspberryPiと16x32LEDマトリクスの接続

接続の際は、RaspberryPiからの信号の送受信は3.3Vなので、5Vにレベル変換させてやらないと上手く表示できないことがあるようです。

※3.3VのI/Oピンに5V入力してしまうと壊れる可能性があります。


ドットマトリクスLEDの電源は12Vで接続すると壊れる恐れがあるみたいなので気をつけましょう。

私は直流安定化電源から5Vを出力させて接続しました。





【RaspberryPiの設定】

16x32ドットマトリクスLED用のディレクトリを作成。

  $ mkdir display16x32

つくったディレクトリに移動。

  $ cd display16x32

Led-matrixを動かすコマンドをインストール。

  $ git clone https://github.com/hzeller/rpi-rgb-led-matrix/

「rpi-rgb-led-matrix」というディレクトリに移動。

  $ cd rpi-rgb-led-matrix

ソースからプログラムをコンパイルする

  $ make


これで一通りの設定完了。




コマンドを実行してみた。

$ sudo ./led-matrix

Led-matrixコマンドの実行
実行画面

このled-matrixコマンドを使用する際はオプションを設定する必要があるようです。

例:
$ sudo ./led-matrix -t 10 -D 1 runtext16.ppm

意味:runtext16.ppmを10秒間スクロール表示する。


筆者も全部理解したわけではないのですが、表示するサイズや表示の仕方などを変えられるようです。




arafruitというサイトは英語ではありますが、とても丁寧に説明してくれているので、英語に疎い私も、翻訳しながら進めていったらすんなり出来ました。

今後、ドットマトリクスLEDを使って、ニコニコ技術者必須課題の「Bad_apple!」を表示させてみます。

では。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あきら

Author:あきら
ニコニコ技術者見習い。

機械設計を主な仕事としてます。

当ブログはそんな私が独学で電子工作を行い、その成長を記録したものです。


-----------------------------

追伸

ネットができる前とできた後の違い。

それは、知ろうと思えば自分でどこまでも勉強できるようになったということ。

「学校に行かないとできない」「ある会社に入らないとできない」、

そんなことはない。今自分がどこに属しているかは関係ない。

“知ろうと思えば何でも学べる”

今そういう時代に生きている。

このツールの使い方で会社の命運が変わるかもしれない。

あなたはこのツールをどう使いますか?



-----------------------------


twitter
https://twitter.com/akira4900

メルアド
akira49000@gmail.com

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。