記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FPGAでUART通信してみた。


DE0-CVを使ってFPGAとPC間をUART通信してみました。

使用ソフト : QuartusⅡ15.0 web edition
         Nios II 15.0 EDS

NiosIIでTHEWORLDを表示してみる
Nios II Consoleに「THE WORLD!!」と表示させてみた


本実験では、Qsysの「JTAG_UART」というペリフェラルを使って通信を行ってます。

JTAG_UART.png


JTAG_UARTはUSB-BlasterでPCとUART通信ができるというもの。

他にもQsysにはさまざまなペリフェラルが用意されているようです。
Qsys に用意されている汎用ペリフェラルの紹介



本実験は以下の動画を見ながら行いました。



英語で説明してはいますが、動画を見ながらやればできると思います。







以降、本実験でつまずいたところとその解決法をまとめます。


NiosIIでソフトウェアの実行中次のようなエラーが出ました。

エラー

Problem Occurred
Downloading ELF Process failed

このエラー原因は複数あるようです。

原因1:「JTAGのUSB通信の取り合い」

Quautus2 programmer

QuartusⅡprogrammerを開いてたりする場合など。
また、NiosIIを起動した状態では逆にprogrammerでコンフィグレーションできないこともあるようです。

原因2:「Qsysシステム修正によるタイムスタンプの不一致」

NiosIIメニューのBSP Editorより再度Generateする。
エラー原因2


原因3:「QuartusⅡ及びQsysで作成したシステムに矛盾がある」

私の場合はこれでした。

単純ミス:「JTAG_UARTの割り込み番号の設定がされてない」
jtag_uartエラー
ずっと違うとこにエラーがあると思ってたら、ここ接続されてませんでした。


原因4:「プロジェクト名、ファイル名及びファイルの保存先がバラバラ」

QuartusⅡ、Qsys、NiosII はいくつものファイルが密接に関連しあってるので、この関連性が崩れてしまうとこのようなエラーが出てしまうようです。



<その他>

QuautusⅡ コンパイルエラー:「qsysファイル名が違う」

コンパイルエラー6
コンパイルエラー

新規プロジェクトをつくる際に作成したデザインファイル名(3つ目の入力個所)とQsysで保存したファイル名が違うとコンパイルエラーとなる。

1-1プロジェクト名を作成
新規プロジェクト作成画面

コンパイルエラー7
Qsysで作成したファイル名



参考にさせていただいたサイト
Qsysを使ってみた



感想

FPGAの勉強を始めてから約一カ月FPGA用語や開発ソフトの使い方がわからなくて右往左往してましたが、ほんのちょっとだけ理解できるようになりました。
 
今後Qsysの各種ペリフェラルを使った開発が楽しみです♪

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あきら

Author:あきら
ニコニコ技術者見習い。

機械設計を主な仕事としてます。

当ブログはそんな私が独学で電子工作を行い、その成長を記録したものです。


-----------------------------

追伸

ネットができる前とできた後の違い。

それは、知ろうと思えば自分でどこまでも勉強できるようになったということ。

「学校に行かないとできない」「ある会社に入らないとできない」、

そんなことはない。今自分がどこに属しているかは関係ない。

“知ろうと思えば何でも学べる”

今そういう時代に生きている。

このツールの使い方で会社の命運が変わるかもしれない。

あなたはこのツールをどう使いますか?



-----------------------------


twitter
https://twitter.com/akira4900

メルアド
akira49000@gmail.com

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。